鉄の物流のプロフェッショナル丸吉ロジ株式会社

鉄の物流、マネジメントなら鐵人(てつじん)集団、丸吉ロジへ。東日本を網羅する北海道、東北、関東の各拠点と、特殊シャーシやコンテナを使った幅広い輸送網でお客様のニーズにお応えします。

「アコーディオン」のように 「アコーディオン」のように

伝えたいこと 丸吉のこと

「アコーディオン」のように

鐵人ブログ、2526日目です。

 

先日、私たち丸吉のヤードに「アコーディオン式ホロシートシャーシ」が納車されました。このシャーシは上部のホロシートがアコーディオンのように簡単に動かせる構造になっています。一般的に鋼材専用のシャーシには、ウィング車や箱車のような「屋根」がありません。これは天井クレーンなどで「上部」より積み込むことが圧倒的に多いという、「鉄鋼業界特有」の現場条件に対応するためだと言えるでしょう。

アコーディオンシャーシ導入

一方で積み込んだ鋼材を濡らさないよう、ドライバーさんが「シート」を掛けをしていることをご存知でしたでしょうか。実はこの「シート掛け」が結構な重労働になっているのです。一個当たり数十キロにもなるシートを、鋼材の上まで持っていき、そこで全体に広げて、雨や雪などで濡れないように養生する。この作業を高齢者や女性が一人で行うのは中々難しいと思います。またシートをかぶせたり、はがしたりする作業を一日に何度も行うことは、結構な時間も掛かる大変な作業の一つになっているのでした。

シート掛け

現在、運輸業界ではドライバー不足が深刻化しつつあります。この現状を少しでも改善していくためには、高齢者や女性でも安心して働ける職場環境づくりを推進したり、長時間労働を減らしていくような取り組みが重要になってくるのではないでしょうか。そういった意味では、今回導入されたシャーシは、ドライバー不足の解決策の一つに十分なり得る可能性がありそうですね!

 

 

-伝えたいこと, 丸吉のこと