鉄の物流のプロフェッショナル丸吉ロジ株式会社

鉄の物流、マネジメントなら鐵人(てつじん)集団、丸吉ロジへ。東日本を網羅する北海道、東北、関東の各拠点と、特殊シャーシやコンテナを使った幅広い輸送網でお客様のニーズにお応えします。

「人と物」を両立させる 「人と物」を両立させる

伝えたいこと 物流業界のこと

「人と物」を両立させる

鐵人ブログ、2990日目です。

 

昨日のブログでお伝えした「青函トンネル」の走行スピード問題について。「人」を乗せて走る「新幹線」と、「物」を載せて走る「貨物列車」は、どちらも大切な輸送手段です。一方でこの二つを「両立」させていくためには、今後とても難しい舵取りが必要になっていくことは間違いありません。

この青函トンネル問題を解決するために、一部の関係者からは「青函トンネル内の貨物列車の運行自体をストップし、すべてを船輸送に切り替えるべきだ!」「貨物列車専用の海底トンネルをもう一本掘ったら解決する!」といった声が上がっています。

しかしこれらの案には物流面や費用面での大きな課題があり、簡単に実現できるものではないことは明らかでしょう。「未来の北海道」の姿を大きく左右する青函トンネルのあるべき姿を、国全体で議論していくべき時なのかもしれませんね。

鉄の物流を事業の中核に置く私たち丸吉ロジとしても、この青函トンネル問題は他人事ではないのです。本州でつくられた鉄の素材を北海道に運び入れ、北海道でつくられた鉄の製品を本州へ送り届ける。そのためにトラック、鉄道、フェリーシャーシ、船、あらゆる手段を駆使して安定的に鉄を届けていかなければならないのですから。これからも私たち丸吉ロジが与えられた「使命」と「役割」をしっかりと果し続けていきましょう。

 

 

-伝えたいこと, 物流業界のこと