鉄の物流のプロフェッショナル丸吉ロジ株式会社

鉄の物流、マネジメントなら鐵人(てつじん)集団、丸吉ロジへ。東日本を網羅する北海道、東北、関東の各拠点と、特殊シャーシやコンテナを使った幅広い輸送網でお客様のニーズにお応えします。

「怒り」をぶつける前に 「怒り」をぶつける前に

伝えたいこと

「怒り」をぶつける前に

鐵人ブログ、3032日目です。

 

皆さんは「怒り」という感情を上手くコントロール出来ていますか?正直言うと最近私は「息子」とのやり取りで上手く感情をコントロール出来ない時があります。そこで今日は、自戒を込めて「第一感情と第二感情」についてお話しさせていただこうかと思いますので、少々お付き合いくださいませ。

例えば、私が息子に「食べ終わったら食器を片付けておいてよ!」と言ったとしましょう。その後、息子が「そのまま食器を放置していた場合」に、「何で言う通りにやってくれないんだ!」という怒りの感情が起こることはご理解いただけるかと思います。実はこの怒りは「第二感情」なのだそうです。では「第一感情」はどのようなものなのか?それは「期待」という感情。もっと分かりやすく言うと「言った通りにやってくれるだろう」という「淡い期待」だったのですね。

 

ところで、自分の想いを人に伝えるときは、第二感情ではなく第一感情でなければ上手く伝わらないそうです。この場合であれば「何で片付けないんだ!」と怒りをぶつけるのではなく、「あなたには期待していたのに残念だ」と言った方が、相手の心には響くということになるでしょう。わが家の息子が「なぜ親の言うことを聞かないのか?」という悩みについて、ようやく突破口が見えた気がした私です。今日は第一感情で「手強い息子」と向き合ってみようかな?(笑)

 

 

-伝えたいこと