鉄の物流のプロフェッショナル丸吉ロジ株式会社

鉄の物流、マネジメントなら鐵人(てつじん)集団、丸吉ロジへ。東日本を網羅する北海道、東北、関東の各拠点と、特殊シャーシやコンテナを使った幅広い輸送網でお客様のニーズにお応えします。

マンツーマンで行う育成 マンツーマンで行う育成

伝えたいこと 丸吉のこと

マンツーマンで行う育成

鐵人ブログ、3399日目です。(残り254日)

 

昨日のブログでお伝えした「ラッシング」について。私たち丸吉では「様々な鉄」を運んでいるため、一定の「決まりきったマニュアル」では対応できないことも多いのが現実です。そこで大切になってくるのが「実際の現場」で積み重ねていく「経験」というものになるのではないでしょうか。しかし未経験の人がいきなり「現場で経験を積むこと」は難しいかもしれません。中途半端な状態で未経験の人に経験を積まそうとすると、その過程の中で事故やケガをしてしまう危険が伴うから。

ではどのようにしていけば良いのか。私は「実際の現場で行うマンツーマンの育成」が重要だと考えています。今年の4月1日に入社したドライバーの橋本さんは、トレーラー運転はほぼ経験なし、鉄を扱った経験は全くのゼロでスタート。その橋本さんが、現在は一人でトレーラーを運転し、色々な鉄を積み込み、北海道中の道路を走ることが出来るまでになりました。「ドライバー未経験者の橋本さん」が、この3カ月間の中で行ってきたこと。それが「ドライバーリーダーの伊藤さん」とのマンツーマン育成だったのです。

この日も伊藤さんから橋本さんへ、ラッシングする際の注意点やポイントを分かりやすく伝えてくれていました。その様子を見て、私は「マンツーマン育成」に間違いはないと確信していたところです。自分の目で見て、自分の頭で考えて、自分の手で触って、自分で実際にやってみる。その際に分からないことや危険だと感じたことがあったら身近にいる先輩が教えたり指導をしていく。このような「育成」が出来る会社を目指していきましょう!

 

 

-伝えたいこと, 丸吉のこと