鉄の物流のプロフェッショナル丸吉ロジ株式会社

鉄の物流、マネジメントなら鐵人(てつじん)集団、丸吉ロジへ。東日本を網羅する北海道、東北、関東の各拠点と、特殊シャーシやコンテナを使った幅広い輸送網でお客様のニーズにお応えします。

メニューが1つだけの店 メニューが1つだけの店

伝えたいこと

メニューが1つだけの店

鐵人ブログ、3211日目です。

 

ここ数日のブログで「今自分が出来ることに一点集中」「虫眼鏡で光を一点に集め火をつける」という話を書かせていただきました。この「一点に集中する」という視点は「事業戦略」にも直結するとても重要な考え方だと思いますので、今日は「事業戦略に一点集中(笑)」してブログを書かせていただきますね。

事業戦略の基本は「誰に、何を、どのように」するかを決めることです。例えば「飲食店」の事例が分かりやすいかもしれませんね。【例】(誰に)子供、学生、女性、男性、年配の老夫婦に (何を)和洋中すべての料理を (どのように)年中無休24時間で。もし、このように「色々な人」をターゲットにして、「万人受け」を狙ったメニューやサービスを提供しようとすると、結局はどれも特徴のないものになってしまうことになるでしょう。厨房もあらゆるオーダーに対応しなければならなくなり、一品一品の料理の質は当然下がってしまうことになるかと思います。

 

ではどのような店づくりにしていったら良いのでしょうか?私の理想はメニューに「究極の味噌ラーメン」しかない店(←※あくまで「た・と・え・ば」です 笑)。徹底的に味噌に「こだわり(何なら自分で育てた大豆から味噌をつくるくらい?)」をもった頑固オヤジがいる店がイイですね。そもそもラーメンを食べない人や醤油ラーメンが好きな人は店に来ないでしょう。でも「味噌ラーメン好きな人が日本全国から集まる」そんな店づくりをしていくことが、今の時代には求められているのかもしれませんね。

 

 

-伝えたいこと