鉄の物流のプロフェッショナル丸吉ロジ株式会社

鉄の物流、マネジメントなら鐵人(てつじん)集団、丸吉ロジへ。東日本を網羅する北海道、東北、関東の各拠点と、特殊シャーシやコンテナを使った幅広い輸送網でお客様のニーズにお応えします。

種の中に新たな命を宿す 種の中に新たな命を宿す

伝えたいこと 丸吉のこと

種の中に新たな命を宿す

鐵人ブログ、3203日目です。

 

本日より私たち丸吉ロジの2020年の業務が本格的にスタートしました。今年も「鉄の物流」という仕事に誇りを持って、私たちの与えられた使命と役割をしっかりと果たしていきましょう。今年の干支は「子(ねずみ)」。一般的に子年は「種子の中に新しい生命がきざし始める一年」になると言われているようです。

私が丸吉という会社の事業承継をさせていただいたのは2008年10月(子年)。今から12年前の今頃は、ちょうど事業承継について色々な打ち合わせを頻繁に社内で行っていたのを思い出していました。特に創業者である吉谷隆代表(当時)とは、毎日のように当時の経営課題や将来の会社が進むべき方向性など、何度も話し合いを重ねる日々を送っていたのです。あれから「12の干支」が一周しました。この間にどれだけのことが出来たのかは分かりませんが、これからも自分の信じる道を一歩ずつ前に進み続けていきたいと思っています。

 

2020年度は私たち丸吉としても一つの節目になる一年になることでしょう。それは現在掲げている将来ビジョン「経営羅針盤」の最終年にあたる年だから。今年は2021年度以降の「新たな道しるべ」となる「新丸吉ビジョン」を明確にする一年にしていきたいと思っています。それが丸吉にとっての「新たな命」になると信じて。

 

 

-伝えたいこと, 丸吉のこと