鉄の物流のプロフェッショナル丸吉ロジ株式会社

鉄の物流、マネジメントなら鐵人(てつじん)集団、丸吉ロジへ。東日本を網羅する北海道、東北、関東の各拠点と、特殊シャーシやコンテナを使った幅広い輸送網でお客様のニーズにお応えします。

種をまき続けていくこと 種をまき続けていくこと

伝えたいこと 丸吉のこと

種をまき続けていくこと

鐵人ブログ、3615日目です。(残り38日)

 

当たり前のことですが、どんな作物も「種」をまいておかなければ「芽」を出すことはありません。そしてその芽を大切に育てていくことで小さな「花」を咲かせ、その花が「果実」へと形を変え、ようやく「収穫」することが出来るようになるのです。これは「企業経営」にも共通する考え方なのではないでしょうか。

私たち丸吉ロジでは、数年前から幾つかの「種まき」をしながら様々な「物流改革」を推進してきました。

  • ①重仮設業以外の新たな事業領域の開拓
  • ②トラック以外の輸送モードへの転換
  • ③北海道エリア以外の物流体制の強化
  • ④運送以外の周辺にある物流業務の対応
  • ⑤ドライバーと倉庫作業員の多能工化
  • ⑥未経験ドライバーの自社育成の体系化
  • ⑦国や荷主企業との新たな関係の構築

このような多岐に渡る取り組みを継続して行ってきたのです。

 

新型コロナウイルスの影響によって、今まで誰も経験をしたことがないような激震に襲われた2020年の日本経済。現在も全国的に「鉄鋼需要」は大きく落ち込んだままになっています。このままであれば鉄鋼業界の2021年は大変厳しいものになることは間違いありません。鉄の物流会社である丸吉ロジも、このまま何の変化もしなければ激動の荒波に飲み込まれてしまうことになるでしょう。しかし私たちには今までに「まいてきた種」があります。どれも今はまだ小さな芽かもしれませんが、やがて綺麗な花を咲かせ、大きな果実になると信じて一歩ずつ前に進んでいきましょう!

 

 

-伝えたいこと, 丸吉のこと