鉄の物流のプロフェッショナル丸吉運輸機工株式会社

鉄の物流、マネジメントなら鐵人(てつじん)集団、丸吉運輸機工へ。東日本を網羅する北海道、東北、関東の各拠点と、特殊シャーシやコンテナを使った幅広い輸送網でお客様のニーズにお応えします。

大きな壁が現れたとき 大きな壁が現れたとき

伝えたいこと

大きな壁が現れたとき

鐵人ブログ、2568日目です。

 

突然、目の前に「大きな壁(問題)」が現れました。さて、このような時、皆さんだったら「どの道」を選択するでしょうか?

  • ①そこに立ち止まり壁の様子をじっくり見続け何もしない
  • ②その壁を乗り越えるのは無理だと諦めその場から立ち去る
  • ③その壁を乗り越える方法を探し一つ一つ行動を繰り返してみる

IMG_1009

どの道が正解で、どの道が間違っているという訳ではないかもしれません。その時の状況によって判断が変わることがあるのも事実でしょう。でも自分自身の「生き方」を決めておいたほうが、迷いは少なくなることは間違いなさそうです。「その壁は、その人が乗り越え、その人が成長するために、その人の目の前に現れる」という考え方。まさにこれが「試されている」という状況なのではないでしょうか。

 

現在、私の目の前には「たくさんの壁」が現れています。これまでに見たこともないようなカタチをした壁、一人では絶対に超えられないような大きく高い壁、ようやく一つの壁を乗り越えたと思ったらそこにあった複数の連なる壁。いくつもの壁にぶつかっていると、精神的に凹むような時もあるのが正直なところです。でも、その壁を越えた人にしか見ることが出来ない「絶景」が、そこには必ずあると信じ、これからも行動をし続けていきたいと私は思っています!

 

 

-伝えたいこと