鉄の物流のプロフェッショナル丸吉運輸機工株式会社

鉄の物流、マネジメントなら鐵人(てつじん)集団、丸吉運輸機工へ。東日本を網羅する北海道、東北、関東の各拠点と、特殊シャーシやコンテナを使った幅広い輸送網でお客様のニーズにお応えします。

時代の流れを読み取る 時代の流れを読み取る

伝えたいこと

時代の流れを読み取る

2019/04/05

鐵人ブログ、2847日目です。

 

ここ数日の中でお伝えしてきた企業経営に必要な「3つの眼」の話。今日は最後の「魚の眼」についてお伝えさせて頂きますね。大海原を泳ぐ「魚」は、「潮の流れ(潮流)」を敏感に感じ取って自由に泳ぎ続けることが出来るそうです。これを企業経営に当てはめてみると「潮流」は「時代の流れ(時流)」ということになるでしょうか。

IMG_4236

企業のトップは、自分の会社の中の情報だけで全ての物事を判断してはいけません。経済環境や時代のニーズがどのように変化しているかを敏感にキャッチし、それに合わせて自社のサービスを変化させ続けていかなければ、企業を存続させていくことは難しいでしょう。だからこそトップ自らが、様々な知識を学び続け、多くの最新情報を収集し、その場その場で的確な判断をしていかなければならないのだと思っています。

 

魚が広い大海を自由に泳ぎ続けていくためには、しっかりと進むべき方向を見極める能力が求められることになるでしょう。企業もこれと同じことが言えるかもしれませんね。だからこそ、未来のあるべき姿を示した「将来ビジョン」が必要になってくるのです。私も「時流」をしっかりと感じ取りながら、会社が進むべき道を明確に指し示していけるトップであり続けたいと思っています。

 

 

-伝えたいこと