鉄の物流のプロフェッショナル丸吉ロジ株式会社

鉄の物流、マネジメントなら鐵人(てつじん)集団、丸吉ロジへ。東日本を網羅する北海道、東北、関東の各拠点と、特殊シャーシやコンテナを使った幅広い輸送網でお客様のニーズにお応えします。

苦しさの先にあるものは 苦しさの先にあるものは

伝えたいこと

苦しさの先にあるものは

鐵人ブログ、3124日目です。

 

来年開催される東京オリンピックの「マラソン」と「競歩」が、北海道の札幌市で開催されるという突然のニュースが飛び込んできました。この判断には賛否両論あるでしょうが、過酷な環境で走らなければならない選手たちのことを考えた「アスリートファースト」ということで、私は今回の決定を前向きに理解しています。

ところで皆さんは「ランナーズハイ」という現象があるのをご存知でしょうか?これはマラソンや競歩のような過酷なスポーツをする選手が体験する現象の一つ。マラソン選手は辛さや苦しさを我慢して走り続けていると、ある時点から逆に快感や恍惚感を感じることがあるそうです。このとき人の脳内には、α波とモルヒネ同様の効果があるβ-エンドルフィンという快感ホルモンに満たされていることが分かってきました。「苦しさ」を超えた先には「快感」が待っているということなのですね。

 

私も、最近のブログのネタ不足という状況に、時々「苦しさ」を感じているのが正直なところですが、その先には今まで味わったことのない「達成感」を得ることが出来ると信じて、これからもこのブログを書き続けていきたいと思っています。これは「ブログハイ」ってところですかね?(笑)

 

 

-伝えたいこと